『蛇革・パイソン(スネーク・レザー)』の種類と特徴・メインテナンスケアの仕方【革のうんちく】

【蛇革・パイソンレザーの特徴と魅力】

本来、『パイソンレザー』とはニシキヘビの革を指していましたが、
現在では蛇全般の革のことを指しています。

 

 

独特なウロコ模様を持つヘビ革は、
レザーアイテムのワンポイントにピッタリな素材の一つです。

 

 

たとえば、『パイソンレザー』は美しい鱗(ウロコ)の模様が特徴的で、

 

【ダイヤモンドの模様】になっているものを『ダイヤモンドパイソン』、
【石垣状の模様】になっているものを『モラレスパイソン』と呼びます。

 

『パイソンレザー』は繊細な革だというイメージがありますが、
なめし加工後は丈夫な革となり、

 

時間経過と共に深い飴色へと経年変化を楽しめる革です。

 

 

ちなみに、この地球上には【11科417属2389種】のヘビが
存在するといわれていますが、

 

ここでは、代表的なヘビ革をピックアップしていきたいと思います。

【ダイヤモンドパイソン・レザーの特徴と魅力】:アミメニシキヘビ

………………………………………………………………………………………

【ダイヤモンド・パイソン】:アミメニシキヘビ

 

 

全身にダイヤ型の連続的な斑紋・模様があるところから、
ダイヤモンドパイソンと呼ばれています。

 

 

体長は10mにもなり、丈夫な皮質を持っていて、
他の皮革には見られないワイルド感と美しさを兼ね備えてます。

 

 

生息地は、タイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、マレー半島、
インドネシア、フィリピン、中国南部等、アジアの熱帯地方に広く分布しています。

 

 

『ダイヤモンドパイソン』もトカゲ革と同じく、

 

●背中面を活かした「Belly Cut Type」と、
●腹部面を活かした「Back Cut Type」があり、

 

どちらも、サイフ、バッグ類、靴、ベルト等に幅広く利用されています。

 

 

 

ちなみに、ダイヤモンドパイソンは、
名前に「ダイヤモンド」という言葉が入っている事はモチロン、

 

日本古来より【開運・蓄財の神】として崇められている
”白蛇“を連想させ、とても縁起が良い革といわれていて、
財布などウォレット系の人気が強いです。

 

 

 

●ダイヤモンドパイソンの独特なウロコ模様が美しいです♪


 

 

【モラレスパイソン・レザーの特徴と魅力】:ビルマ・インドニシキヘビ

………………………………………………………………………………………

【モラレスパイソン】:ビルマ・インドニシキヘビ

 

 

モラレスパイソンは、ビルマニシキヘビ・インドニシキヘビを加工した革です。

 

 

生息地は、アジア熱帯地方に分布していて、体長は5〜7mと大きめ。
一般的にオス蛇よりメス蛇の方が大きいといわれています。

 

 

 

『モラレスパイソン』は【不規則な図形模様】が特徴の革で、
その個性的な斑紋模様が、ダイヤモンドパイソンと並んで人気の
スネークレザーです。

 

また、革の丈夫さや革のサイズからも汎用性が高く、バッグ類、靴、
ベルト等のレザーアイテムに幅広く使用されています。

 

 

 

ちなみに、沖縄の三味線(蛇皮線)は、『モラレスパイソン』が使用されています。

 

 

 

●モラレス・パイソンの落ち着いたウロコ模様も素敵です♪


 

 

【レッドパイソン・レザーの特徴と魅力】:ヒイロニシキヘビ(緋色錦蛇)

………………………………………………………………………………………

【レッドパイソン】:ヒイロニシキヘビ(緋色錦蛇)

 

レッドパイソン・レザーは名前の通り、身体全体が赤味を帯びているのが特徴で、
胴が太く尾部が短いという体型をしているヒイロニシキヘビからできた革です。

 

 

腹部の特徴的な蛇腹模様「Back Cut Type」を活かして、
欧米ではカウボーイブーツやレディースバッグ等に使用されています。

 

 

ヒイロニシキヘビは他のニシキヘビよりも水辺を好むこともあり、
生息地は、マレー半島、スマトラ、ボルネオ島などがあげられます。

 

 

●レッド・パイソンの独特なウロコ模様の参考画像です。

レッドパイソン

 

レッドパイソン

レッドパイソン

 

 

 

【アフリカパイソン・レザー】:アフリカニシキヘビ

………………………………………………………………………………………

【アフリカパイソン・レザー】:アフリカニシキヘビ

 

 

アフリカパイソンは、アフリカ大陸全般(乾燥地帯を除く)に広く
生息しているアフリカニシキヘビからつくられた革です。

 

 

アフリカニシキヘビは、『モラレスパイソン』に似た
個性的な斑紋模様が特徴

 

体長は平均的に4m、最大では8mに達する大型の蛇で、
まさにアフリカを代表するニシキヘビといえます。

 

【アナコンダ・レザーの特徴と魅力】:アナコンダ

………………………………………………………………………………………

【アナコンダ】

 

 

アナコンダは南米に生息する最大級のヘビから作られる革です。

 

 

その体長は10mにもなり東南アジア産の
【ダイヤモンドパイソン(アミメニシキヘビ)】と並びます。

 

 

アナコンダの革模様は、オリーブ色に近い緑色の革地に、頭部から
尾部にかけて黒く大きな水玉様の斑紋が連続してあるのが特徴です。

 

他のヘビ革と同じく個性を主張する魅力あるレザーといえます。

 

 

 

生息地はアンデス山脈の東から、アマゾン川、オリノコ川の流域一帯、
ギアナに至り、北はトリニダドにまで広く分布しています。

 

しかし、最近の南米では森林開発が進んでいる影響から
アナコンダの生息数の減少が懸念されています。

 

 

 

 

●アナコンダの独特なウロコ模様と実物はカワイイ?!♪


 

 

【キングコブラ・レザーの特徴と魅力】:コブラ

………………………………………………………………………………………

【キングコブラ】:コブラ

 

 

キングコブラは独特な風貌を持ち世界でも有名なヘビで、
独特の鱗模様が人気で珍重されています。

 

 

キングコブラの生息地は、インド、ミャンマー、タイ、ラオス、
ベトナム、カンボジア、マレー半島、中国南部など

 

東南アジアの熱帯地方のジャングルの中の川の流域近くの
ひらけた平地に生息しています。

 

 

成体の平均的な体長は3mほどで、
トカゲ等の爬虫類を主に食べるとともにヘビも食べる。

 

英名の"キング”は他のヘビを食べることから、
「ヘビの王様」と考えられたことに由来しているそうです。

 

 

 

また、キングコブラの神経毒のレベルの強さは、
他のコブラ科に比べて弱い方なのですが、

 

毒腺が大きいため、【一咬みで注入される毒量】は
他のコブラとは比較にならないほど多いそうです。

 

 

まぁ、キングコブラの性格はワリに温厚で、
無闇に人を咬むわけではないですが、

 

もし、噛まれたら「象をも倒す」蛇だと地元ではいわれています。

 

 

 

キングコブラの革は、その風貌や独特なウロコ模様が人気で、
サイフやベルト、バッグ等に幅広く利用されています。

 

 

 

 

●【キングコブラ】の模様はモチロン、リアルな頭にゾクゾク♪



 

 

【蛇革・パイソンレザーで製作されているアイテム】

『パイソンレザー』も『リザードレザー(トカゲ革)』と同じく、

 

●背中面模様を活かした「Belly Cut Type」と、
●腹部面模様を活かした「Back Cut Type」があります。

 

 

 

腹部の特徴的な蛇腹模様「Back Cut Type」を活かして、
欧米ではカウボーイブーツやレディースバッグ等に
使用されるケースもありますが、

 

どちらのタイプも、革の丈夫さや革のサイズに合わせて
バッグ類、ブーツ靴、ベルト等に幅広く利用されています。

 

 

また、沖縄の三味線(蛇皮線)は、
『モラレスパイソン・レザー』が使用されています。

 

 

 

ちなみに、ダイアモンドパイソンは、呼び名に『ダイヤモンド』が入る為、
金運アップ!!縁起が良いレザーとされていて、

 

 

財布(ウォレット)など金銭に関わるアイテムに人気があります。

 

 


ダイヤモンドパイソン

 

【パイソン・レザー(蛇革)のお手入れ】

パイソン・レザーの『鱗(ウロコ)』は、魚の鱗の構造とは全く違っていて、

 

かなり頑丈な繊維構造となっているので、
「鱗が剥がれるようなトラブルは起こりずらい」と言われています。

 

 

そのため、基本的にはメンテは必要としませんが、

 

やはり、革内部の脂分が抜けて乾燥してくると、
逆立ったり、ヒビ割れてしまう事がありますので、

 

 

どうしても『レザーオイル』『クリーム』などを入れてメンテナンスしたい場合は、
オイルタイプとマットタイプの皮革用クリームを使い分けても良いかと思います。

 

 

 

通常のパイソン・レザー(蛇革)のお手入れメインテナンスについては、
汚れたと感じたら、柔らかい布で乾拭き&ブラッシングが基本です。

 

 

 

ドントの場合は、爬虫類専用の『エキゾチックフォーム』を布にとり、
ヘビ革に軽く塗りこんで「汚れ落とし&保革」をおこないます。

 

 

その後、爬虫類専用の『エキゾチックスプレー』を吹きつけ、
さらなるメンテ工程「保革&防水&艶出し」をおこないます。

 

 

最後に、柔らかい布で優しく乾拭きをして、メンテナンス完了です。

 

 

 

 

革によってはシミや色の変化が起こる場合もあるので、
オイルやクリームを塗る前に、まず目立たない部分で試して
問題がないのを確認してからメンテナンスを行ってくださいね。

 

 

 

 

パイソン・レザーも他の革と同様に水・湿気・直射日光、高温には弱いので、

 

もし、水に濡れた場合は、すぐに拭き取って風通しのよい場所で陰干し、
保管するようしましょう。

 

なお、表面がツルツルのパイソンは、柔らかい布で乾拭きするくらいで
基本メンテナンスは必要ありません。

 

 

 

●レザー(革)のメンテナンス方法&お手入れに最適なグッズを紹介♪

 

● アナタは、どんな『レザーケア・アイテム』が揃ったら、

最適な革のメンテナンスが出来ると思いますか?

 

【レザー(革)のメンテナンス方法&お手入れに最適なグッズを紹介♪】

 

 

 

『ヘビ』と人の関わりについて。

蛇革・パイソンレザーは、好き嫌いが分かれる革となりますが、
個人的には、ワンポイントが決まる個性的な模様がエキゾチックで
格好良いと思います。

 

ニシキヘビはモチロン、レザーとしては使用例を聞きませんが、
焼酎漬けの「ハブ」や「マムシ」など、

 

私たちの日常生活の中で馴染み深い蛇もいますよね。

 

 

蛇は、私たち人間の生活『衣・食・住』の3大要素となる
「衣」「食」に関連している身近な動物といえます。

 

ドントは、そんな動物たちが残してくれた形に最後まで敬意を払う思いで、
これからも、レザー(革)製品に接していきたいと思っています。

 

『蛇革・パイソン(スネーク革)』の種類と特徴・メインテナンスケアの仕方【革のうんちく】関連エントリー