『トカゲ革・リザード・レザー』の種類と特徴・メインテナンスケアの仕方【革のうんちく】

【トカゲ革・リザードレザー全般の特徴と魅力】

トカゲ革、リザードレザーは、好き嫌いが分かれるレザーですが、
どちらにせよ、かなりのインパクトがある銀面模様が珍重され、

 

サイフ、手帳カバー、ハンドバッグ、鞄、ベルト、
時計バンド、靴、ブーツ等に使われています。

 

 

また、レザー加工されるトカゲの種類もたくさんいるため、レザーアイテムごとに
トカゲ革の独特な模様を合わせていくのもお洒落で格好良いですね。

 

 

リザードレザーは種類が多いので、メジャーな人気リザードレザーを
それぞれにピックアップして紹介していきたいと思います。

 

 

 

●【トカゲ革(リザード)】のワンポイントは思わず目を引きますよね♪




 

【リングマーク・トカゲ(トカゲ革)の特徴と魅力】

………………………………………………………………………………………

【リングマーク・トカゲ】

 

 

リングマーク・トカゲは、東南アジア一帯に生息しているトカゲで
リザードレザーの中では最高級の皮革素材とされます。

 

 

リングマーク・トカゲの体長は2mを超すほど巨大で、
その分、革を大きく加工できるため利用頻度が高い皮革といえます。

 

 

リングマーク・トカゲは背中部分についている
「丸いリング状のウロコ模様」が特徴的なリザードレザーで、

 

 

その独特なリング模様を活かして、
ハンドバッグやベルト、靴などに広く利用されています。

 

 

【ナイル・オオトカゲ(トカゲ革)の特徴と魅力】

………………………………………………………………………………………

【ナイル・オオトカゲ】

 

 

ナイル・オオトカゲはリングマークトカゲと同じように、
体長が大きいトカゲのため皮革としての利用頻度も高いリザードレザーです。

 

 

『ナイル・オオトカゲ』は、リングマークトカゲのような
個性的な模様がないため、

 

シンプルなデザインに使われることが多いです。

 

 

生息地は、砂漠地域を除きたアフリカ西北部ナイル川流域から
南アフリカにかけて広く生息してます。

 

 

【ミズオオトカゲ(トカゲ革)の特徴と魅力】

………………………………………………………………………………………

【ミズオオトカゲ】

 

 

ミズオオトカゲは世界で2番目に体長が大きいトカゲトと言われている
インドネシア島のジャワ産リザードレザーです。

 

 

ミズオオトカゲならではの独特な艶と光沢感で美しい革の銀面は、
あの『エルメス』をはじめ海外有名ブランドでも使われています。

 

リザードレザーの中でもリングマークトカゲと並んで、
最高級品レザーとして珍重されています。

 

【リザードレザー(トカゲ革)で製作されているアイテム】

リザードレザーが使われている主なアイテムとしては、

 

サイフ、手帳カバー、ハンドバッグ、鞄、ベルト、
時計バンド、靴、ブーツ等で抜群の存在感を発揮しています。

 

 

トカゲ革の種類によってウロコの模様も千差万別ですので、
最近では、あえて数種類のリザードレザーアイテムを所有し、

 

 

特徴的なリザードレザーの銀面模様をTPOに合わせて楽しむという
リザードレザー好きの人が多くなってきているそうです。

 

 

レザーアイテムの『アクセント』『インパクト』にかけては、
かなり上位に来るレザーなの事は間違いありませんね。。

 

 

 

●【あの高級ブランド】のリザードレザー使いが参考になります♪

【トカゲ革 | リザードレザーのお手入れ】

リザードレザーの『鱗(ウロコ)』は、魚の鱗の構造とは全く違っていて、

 

薄くても頑丈な繊維構造となっているので、
「鱗が剥がれるようなトラブルは起こりずらい」と言われています。

 

 

そのため、基本的にはメンテは必要としませんが、

 

やはり、革内部の脂分が抜けて乾燥してくると、
逆立ったり、ヒビ割れてしまう事がありますので、

 

 

どうしても『レザーオイル』『クリーム』などを入れてメンテナンスしたい場合は、
オイルタイプとマットタイプの皮革用クリームを使い分けても良いかと思います。

 

 

 

通常のリザード・レザー(トカゲ革)のお手入れメインテナンスについては、
汚れたと感じたら、柔らかい布で乾拭き&ブラッシングが基本です。

 

 

 

ドントの場合は、爬虫類専用の『エキゾチックフォーム』を布にとり、
トカゲ革に軽く塗りこんでいって「汚れ落とし&保革」をおこないます。

 

 

その後、爬虫類専用の『エキゾチックスプレー』を吹きつけ、
さらなるメンテ工程「保革&防水&艶出し」をおこないます。

 

 

最後に、柔らかい布で優しく乾拭きをして、メンテナンス完了です。

 

 

 

 

革によってはシミや色の変化が起こる場合もあるので、
オイルやクリームを塗る前に、まず目立たない部分で試して
問題がないのを確認してからメンテナンスを行ってくださいね。

 

 

 

 

リザード・レザーも他の革と同様に水・湿気・直射日光、高温には弱いので、

 

もし、水に濡れた場合は、すぐに拭き取って風通しのよい場所で陰干し、
保管するようしましょう。

 

なお、表面がツルツルのリザードレザーは、柔らかい布で乾拭きするくらいで
基本メンテナンスは必要ありません。

 

 

 

●レザー(革)のメンテナンス方法&お手入れに最適なグッズを紹介♪

 

● アナタは、どんな『レザーケア・アイテム』が揃ったら、

最適な革のメンテナンスが出来ると思いますか?

 

【レザー(革)のメンテナンス方法&お手入れに最適なグッズを紹介♪】

 

 

トカゲ(リザード)と人の関わりについて。

【トカゲ革・リザードレザー】は、
その強烈な存在感の強さからか、よく好き嫌いが分かれる革と言われます。

 

 

ちなみに、ドントのまわりでは「トカゲ」は苦手だけど「トカゲ革は好き」。。という
まるで、デタラメな友人がいます(笑)が、皆さんはいかかがでしょう。

 

 

ドント的には、やはり『レザーアイテムのアクセントやインパクト』を決める上で、
トカゲ革の個性的でエキゾチックな模様は格好良く重宝しています。

 

 

トカゲは、私たち人間の生活『衣・食・住』の3大要素となる
「衣」に関連している身近な動物といえます。

 

ドントは、そんな動物たちが残してくれた形に最後まで敬意を払う思いで、
これからも、レザー(革)製品に接していきたいと思っています。

『トカゲ革・リザード・レザー』の種類と特徴・メインテナンスケアの仕方【革のうんちく】関連エントリー