『牛革(カウ・キップ・ステア・カウ・ブルなど)』の種類と特徴・メインテナンスケアの仕方【革のうんちく】

【牛革(カーフ-キップ-ステア-カウハイド)の特徴と魅力】

【牛革(カーフ-キップ-ステア-カウハイド)の特徴と魅力】について。

 

レザー(革)製品の多くは牛革で作られているといっても過言ではありません。

 

牛革は、世界でも一般的な原皮といわれていて、
現在でも幅広い用途で使われています。

 

 

「牛の年齢」や「飼育環境」、「使用する部位」によって、
レザー表面の風合いに違いがあり、レザーの価格に大きな違いがうまれます。

 

 

また、牛革の表面に「型押し加工」を施すことにより、
「爬虫類系の模様」「網模様」などのデザインを模造する事が可能です。

 

 

 

●【型押しレザー】を上手に使うと作品がリッチな雰囲気に変身♪

………………………………………………………………………………………

【ベビーカーフ】:生後3ヶ月までの仔牛の革。

 

タンニンなめしで加工された、胎児 - 生後3ヶ月までの仔牛の革です。

 

最高級のキメ細かさといえる「カーフスキン」よりも、
さらに銀面(革表面)のキメの細かさが際立つ最高級素材です。

 

 

供給率が低いため、かなり希少価値が高いといわれています。

 

 

 

………………………………………………………………………………………

【カーフスキン】:6ヶ月以内の仔牛の革。

 

カーフスキンとは、生後3ヶ月〜6ヶ月以内の仔牛から加工されてできた革です。

 

若い牛だけに傷が少なく、加工されて出来た革は、繊細でキメが細かく、
しなやかで柔らかく美しい。。と、まさに牛革の中で最も上質な革とされています。

 

カーフスキンの革自体は薄いため、
あまりハードなレザーアイテムには向いてませんが、

 

一般的に革小物のほか、ハンドバッグ、財布、
高級靴などに使われています。

 

 

カーフスキンは他の牛革と比べて、製作加工できる面積が非常に小さく、
牛革の中でも最高品質で希少価値の高い革です。

 

 

キメ細かく美しい銀面のカーフスキンは、
高級ブランドの革製品に用いられることも多いようです。

 

 

ちなみに、カーフスキンは重量でも呼び名が変わるようで、

 

「9.5ポンド以下(90デシ)」のカーフスキンをライトカーフ
「9.5〜15ポンド(130デシ)」のカーフスキンをヘビーカーフと呼びます。

 

(※1デシは10cm×10cm)

 

 

 

………………………………………………………………………………………

【キップスキン】:生後1年以内の牛の革。

 

キップスキンとは、生後6ヶ月〜1年以内の牛から加工された革で、
小型のコブ牛もキップに含められることも多いようです。

 

 

また、【キップスキンまで】は、「小型の革」を表す名称の
「〜スキン」と呼ばれます。

 

 

 

カーフスキンと比べると、ややキメは粗くなる分、
革の厚みが増えて頑丈になります。

 

カーフスキンに次いで高級な上質レザー(革)素材といわれています。

 

ちなみに、ヨーロッパにはキップという言葉はなく、
アメリカ独自のカテゴライズのようです。

 

 

 

●この『キップスキン』の風合いは素晴らしいものがあります♪

 

 

………………………………………………………………………………………

【ステアハイド】:生後2年以上経った去勢済みオス牛の革。

 

生後2年以上経った去勢済みオス牛の成牛から加工してできた革です。

 

 

およそ、生後3〜6ヶ月以内に去勢されるため、
気性が穏やかに育ち、身体にできる傷も少ないのが特徴です。

 

 

革の表面にあたる「銀面」のキメが細かく、
キップハイドにも近い質感をもちます。

 

また、加工した革の大きさはタタミ2畳程あり、
厚手で耐久性に優れています。

 

 

ステアハイドは肉牛として育成された牛を食用した際の副産物レザーで、
需要と供給がつり合った最も一般的な牛革です。

 

 

柔らかさと強さを持ち、非常に様々な用途で利用されています。

 

 

 

 

●このステアハイド革のバッグ、革肌のツヤ感がとても良ぃ〜ですよねぇ〜^^♪

 

………………………………………………………………………………………

【カウハイド】:生後2年経過したメス牛の革。

 

出産経験のある、生後2年経過したメス牛を加工した革です。
キメが細かい革質で、ステアハイドよりも薄くて柔らかいのが特徴です。

 

 

また、出産を経験したメス牛のため、
腹部の革が伸びやすく繊維密度がやや粗くなっています。

 

 

カウハイドもステアハイドと同じく、
牛革の代名詞的存在のため、靴、バッグ、ライダースJKTなど、
カウハイドで使用されるレザーアイテムは多岐にわたります。

 

 

●カウハイドは安定した品質なので大きいバッグでも永く使えますよ♪

 

………………………………………………………………………………………

【ブルハイド】:生後3年以上経った繁殖用のオス牛の革。

 

生後3年以上経った繁殖用のオス牛の皮を加工してできた牛革です。

 

繁殖用として去勢されずに育ったオス牛は、革が硬く丈夫。

 

 

しかし、気性が荒く喧嘩が絶えないため、
革表面のキメが粗く傷が多いのが特徴です。

 

 

どちらかというと、綺麗な艶感を出すようなアイテム・・・というよりは、

 

「靴底」、「工業用革」など頑丈さを必要としている部分などの
「縁の下の力持ち」的なアイテムに使用される事が多いようです。

 

 

●さすが、『ポールスミス』のブルハイドの使い方は洗練されていますね♪

 

………………………………………………………………………………………

【ジナマ&内地物】:日本の国産牛の革。

 

 

ジナマとは日本独特な牛革の呼び名で、
当時の日本では、牛の皮は「防腐加工する前」の

 

生皮状態で取引されていたことから、
文字通り「ジナマ(地生)」と呼ばれていたそうです。

 

 

今では、日本で育ち消費された【国産の牛革】を指しています。

 

 

日本で育った国産の牛は育ちが良く、品質管理もしっかりしているため、
牛の身体に傷が少ない革として重宝されています。

 

 

また、流通されている牛の種類も、
一毛和牛(肉牛)、ホルスタイン(乳牛、去勢牛)など様々です。

 

 

ちなみに、革に焼印が押されていないのも特徴です。

 

 

 

………………………………………………………………………………………

【ハラコ】: 胎児から生後間もない仔牛の革。

 

ほとんどが出産の前後に天に召されてしまった仔牛のことをいいますが、
現在は10kgまでの子牛も含まれているそうです。

 

 

また、牛の短い毛並みのある表皮や、ポニー(仔馬)の毛皮が
ハラコの代用として使われているケースも多いです。

 

 

 

………………………………………………………………………………………

【バッファロー(水牛)】

 

バッファローとは、文字通り、水牛を加工して作られた革です。

 

 

バッファロー(水牛)の革は厚く、肩の上あたりに大きいシワがあります。
また、牛革と比べて繊維組織のキメが粗く斜めにシワが出ているのが特徴です。

 

感触は牛革に似ていますが、
バッファロー(水牛)革の方が牛革よりも肉厚で丈夫です。

 

主にインドネシア、パキスタン、インドおよびタイ等から輸入されています。

【牛革(カーフ-キップ-ステア-カウ)で製作されているアイテム】

 

牛革で作られている革製品は、【ほぼ全て】といっても過言ではありません。
それだけ世界中で牛が愛されているといえます。

 

日本やアメリカの革ブランドはモチロン、
やはり、イギリスやイタリア、フランス等ヨーロッパ勢の
革ブランドの製品は『革のなめし』製法にコダワリがあり、

 

それぞれに独特の雰囲気が醸し出されています♪

 

 

 

●どのレザー製品もブランドの特徴が際立っていて素敵です♪


イタリア革の『バケッタ製法』で大人の経年変化を愉しむ

 

【牛革(カーフ-キップ-ステア-カウ)製品のお手入れメンテナンス】

具体的な革のお手入れについては、通常の革製品と同じで、
柔らかい乾いた布で汚れを拭き、馬毛ブラシでブラッシング。

 

 

ドントの場合、汚れのヒドイ場合や2〜3ヶ月に一度、
水分を固く絞ったタオルで優しく拭きあげて、

 

その後、『ラナパー』『マスタングペースト』などの
定番皮革クリームを塗り込み、栄養補給し一晩おいたあと、

 

馬毛ブラシで優しくブラッシングして銀面を整えてメンテ完了です♪

 

 

革によってはシミや色の変化が起こる場合もあるので、
オイルやクリームを塗る前に、まず目立たない部分で試して
問題がないのを確認してからメンテナンスを行ってくださいね。

 

 

 

また、牛革も他の革と同様に水・湿気・直射日光、高温には弱いので、

もし、水に濡れた場合は、すぐに拭き取って風通しのよい場所で陰干し、
保管するようしましょう。

 

 

 

●レザー(革)のメンテナンス方法&お手入れに最適なグッズを紹介♪

 

● アナタは、どんな『レザーケア・アイテム』が揃ったら、

最適な革のメンテナンスが出来ると思いますか?

 

【レザー(革)のメンテナンス方法&お手入れに最適なグッズを紹介♪】

 

 

 

牛は、私たち人間の生活『衣・食・住』の3大要素となる
「衣」「食」に最も関連している身近な動物といえます。

 

ドントは、そんな動物たちが残してくれた形に最後まで敬意を払う思いで、
これからも、レザー(革)製品に接していきたいと思っています。

『牛革(キップ・ステア・ブルなど)』の種類と特徴・メインテナンスケアの仕方【革のうんちく】関連エントリー