レザーアイテムの製作工程を画像を使って解説♪

【バッグ・サポーター】の製作過程のワンポイント解説

【バッグ・サポーター】の製作過程を
『備忘録(びぼうろく)』的に紹介していきます。

 

【バッグ・サポーター】

 

 

【レザー・バッグサポーター-01】:取って君
(09年2月製作)

● このレザーを製作したキッカケ♪

 

ドントの場合、特に出張時など重たい荷物を持って長距離を歩き回る過酷な状況の中で、

 

最低限の負荷・疲れで済むような環境を作り出そうと考えたのが製作したキッカケです。

 

思ったとおり、いつも腕にかかっていた負荷が分散し、重たかったバッグがとても軽く持てるようになりましたよ♪

それでは、さっそくレザーアイテム製作の

ポイントを紹介&解説していきマス^^♪

 

バッグサポーター 今回、製作したバージョンの寸法型紙です。

『平べったい取手』なら、この寸法で十分ですが『ロープ状の取手』であれば、【左右4.5cm】の部分を長めにしてベストな寸法に合わせてください。
また、中央3pの部分は取手を2本並べた時の寸法に調節してください♪

バッグサポーター 主に使用するバッグに合わせて工作用紙を使って型紙を切り出していきます。
バッグサポーター 型紙どおり、革に印をつけて両面分の2枚をカットします。
バッグサポーター 中央部分にバッグから受ける加重を分散させる補強板を入れます。今回は、手近にあった「ビデオテープのプラスチックケース」を使用。
バッグサポーター カットしたテープケースを、これまた手近にあった「ネームプレート」で・・・。
バッグサポーター がっちりとボンドを付けて、サンドイッチしました。この時点でプラスチックの厚みは2.5oあり、硬くて頑丈です。
バッグサポーター これをボンドで革に貼り付けます。
バッグサポーター 両面ともキレイに合わさるように貼り付け、少し圧をかけ圧着させます。
バッグサポーター ボンドが乾いたら、最初にプラスチック版を入れた部分だけヒシ目穴を開けます(先に縫っても可)
バッグサポーター コバ面をヤスリで削っていきキレイにしていきます。
バッグサポーター 銀面のヘリを落として滑らかにしていきます。
バッグサポーター ヘリ部分&コバ面をトコフィニッシュで磨き、革の毛羽立ちを固めてキレイにしていきます。
バッグサポーター ある程度、磨いて滑らかになったコバ面です。
バッグサポーター ある程度、磨いて滑らかになったコバ面です。
バッグサポーター ある程度、磨いて滑らかになったコバ面です。
バッグサポーター こちらは、反対側のまだ磨く前のコバ面です。
バッグサポーター 磨く前のコバ面のアップです。
バッグサポーター 上のコバ面をキレイに磨いた後のコバ面です。
バッグサポーター 最近は、もっぱら『電動ドリル』を使用して、『ヤスリ掛け&コバ磨き』をして楽をしております^^v

※『電動ドリル』の便利な使用法についてはコチラを参照してください♪

バッグサポーター 電動ドリルを使用すると、思わず罪悪感を感じるほど短時間で楽ぅ〜にコバ磨きができちゃいマス^^;

バッグサポーター 別の角度から、電動ドリルで磨いたコバ面です。
バッグサポーター 中央のプラスチック版を入れた部分から優先的に縫ったあと、全体をグルッと縫っていきます。そのあと、ボタンを入れる部分にポンチで穴を開けておきます。
バッグサポーター ポンチで穴を開けた四隅にボタンを入れて完成です。

ちなみにボタンの大きさは直径1.5cmくらいのジャンパーホックです。
(その他の『ジャンパーホック』はコチラ)

バッグサポーター 防水効果&手に馴染みやすくなるように『ラナパー』

を薄く塗っています。ツヤ感が良い感じです。

バッグサポーター 特に理由はありませんが、ステッチはストレートで縫っています。
バッグサポーター 『革端から3o』という割とギリギリの寸法で、太い麻糸を使用したため、チョッとコバ面が波打ってしまっています。

中細くらいの麻糸なら問題ないと思いますが、太い麻糸なら革端から5oくらい離したほうが良いかもしれません。

バッグサポーター 5日間ほどの使用で、バッグを持っていた時の指の位置が跡になって、良い感じに手にフィットするようになりました^^♪

 

 

 

・・・という感じで完成デスっ^^♪

 

 

 

 

 

【バッグ・サポーター】

 

 

【レザー・バッグサポーター-01】:取って君
(09年2月製作)

● このレザーを製作したキッカケ♪

 

ドントの場合、特に出張時など重たい荷物を持って長距離を歩き回る過酷な状況の中で、

 

最低限の負荷・疲れで済むような環境を作り出そうと考えたのが製作したキッカケです。

 

思ったとおり、いつも腕にかかっていた負荷が分散し、重たかったバッグがとても軽く持てるようになりましたよ♪

 

 

 

 

このレザー作品は、メインメニューにある

【レザー作品リスト集】の中でも紹介しています^^♪

 

 

 

 

 

 

【バッグ・サポーター】の製作工程を画像を使って解説♪関連エントリー