レーシングポニーの作り方(オリジナルVer.) 初心者も簡単♪【動画】レザークラフト倶楽部

【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】

【レーシングポニーの作り方(オリジナルVer.)】

 

 

『レーシングポニー』。。ついに作っちゃいましたっ!!

 

レザークラフトを長年やってきてますが、
ずーっと、レーシングポニーの使い心地って、どんなもんなんだろうなぁ〜。。

 

・・・っと、少なからず興味を持ってはいるものの、
インターネットで激安ショップを調べていても、

 

レーシングポニーの価格が高価のため、なかなか購入するチャンスもなく、
「あったら良いなぁ〜〜」という感じでレザークラフトを長年やってきました(笑)

 

 

まぁ、ドントの場合は、少し前に『マルチデバイス(万力?)』を購入した時点で、

 

ソレまでの縫い作業と比べて一気に仕事効率がUPしたということで、
十分に満足していました、、、。

 

 

●マルチ・アングルバイス

【送料:全国一律630円!!】

 

『マルチ・アングルバイス』の販売先に関して、皆さんから、よくご質問を頂きますので、
ドントがオススメのネット通販ショップを紹介しておきますね。

 

★その他の『マルチバイス』はコチラから★

 

 

しかし、この『マルチデバイス』。。ドントが思うに、一個だけ難点があって、、
チョッ〜〜とだけ、ハンドルなどに麻糸が引っかかりやすいんですよね^^;

 

 

たぶん、ボルトやハンドルなど凸凹した部分を布などで包んでガードしてしまえば、
糸の引っかかり問題は解決して、さらに楽に使えるだろう。。と思いながらも、

 

レーシング・ポニーという響き(?)に長年憧れていたこともあり、
重ぉ〜い腰を上げて、ついについに製作してしまいました。

 

 

【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】 【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】 【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】
数時間後に完成っ!出来上がったレーシングポニーを使ってみましたが、
思ったように自由にコントロールできて、なかなか良い感じです^^v

 

 

 

上記の『完成写真』をみるとわかりますが、
レーシング・ポニーのデザインとしては、何処にでもセットできて、

 

【自由に角度を調整して使っていきたい】ので、
現在、愛用している『マルチバイス』をベースに活用するような形で考えてみました。

 

 

レーシングポニーの材料は、東急ハンズへ足をはこび、
タマタマあった値段相応な木材と金具を購入してきました。

 

 

 

【レーシングポニー製作のために必要とした材料】

 

 

【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】3 【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】4 【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】4

 

●ナラの木A×2(500円弱 15×100×300:メイン部分。後に300から200へカット)
●ナラの木B×1(200円弱 15×50×200 :キャッチ部分。半分にカット)
●ナラの木C×1(300円弱 30×30×280 :土台部分。Aと同じ横幅寸法にカット)

 

※価格や寸法が木に貼り付けてあるタグシールに書かれていますが、木の種類や
保管期間、乾燥などの状態によって、木の寸法が変化している場合があるので、

 

もし、お店でカットしてもらう際は、タグシールに書かれている寸法をあてにせず、
実際に木の寸法を測ってカットの注文をすることをお勧めします。

 

 

●六角ボルトA(M6×80:レザーをキャッチする本体の固定用ボルト)
●六角ボルトB(M6×40:バイスとポニーを固定するためボルト)

 

※お手持ちのバイスの種類によって、ネジのサイズが違うかもしれませんので、
ネジごとお店に持っていってサイズを確認したほうがベストかと思います。

 

 

●丸ワッシャーA(M6×40×2.0:ボルトネジとポニーを固定するためのワッシャー)
●丸ワッシャーB(M6×22×:ボルトネジとポニーを固定するためのワッシャー)
●ノブスター×3(100円弱 M6用:ボルトを簡単に手で回すためのアタッチメント)

 

※購入したボルトのサイズに合わせたサイズを購入してくださいね。

 

●チョウバン(一セット45×1.6)
●木ネジ(3.8×25)

 

 

 

 

・・・という感じで、合計総額およそ3000円くらいデスかね。。

 

 

ドントの場合は、ボルトやワッシャー関係は既に持っているものを使用したので、
実際には木材の価格くらいしかかかってませんが、

 

材料費に3000円もかかるなら、安いレーシングポニーが買えるカモっ?!。。^^;

 

●3000円台で販売されているレーシングポニーはコチラ↓
 レーシング・ポニー

 

 

 

 

・・・と、ただいま『このサイトページ企画』を根底からくつがえらせしてしまう
コメントを書いてしまいました(笑)が、

 

まぁ、レーシングポニーを自分の好きなように【DIYして楽しむ】という事も
なかなか楽しいモノですよ^^;

 

 

ちなみに、【DIY(ディー・アイ・ワイ)】の意味とは、英語で【Do It Yourself】の略語で、
専門業者に頼まずに自分たちの手で、より快適な生活空間を作り出していこう。。

 

「自分で創ろうぜっ!」っという意味・概念だとドントは思っていマス^^v。

 

 

 

出来上がりの色みがチョッピリ寂しい感じがしたので、
最終的に「ウッドオイル」を塗ってオイルフィニッシュ仕上げにしました。

 

【レーシングポニーの作り方・使い方・寸法などを解説(オリジナルVer.)】10
オイルを入れてみると、急に10年選手のような年季と、
落ち着いた家具っぽい雰囲気が醸し出されてきました^^;

 

 

 

・・・と、まぁ、そんな感じで、

 

お気に入りのオリジナル革道具が、また一つ増えたことで、
ドントのレザークラフトにかけるテンションもモリモリあがってきました^^♪

 

 

やっぱり、自分の好きな通りに設計して作り出すのは面白いです^^♪

 

これからは、このレーシングポニーと一緒に楽しもうと思いマス。

 

 

 

 

このレザー工具の『製作過程』や『こぼれ話』なんかは、

【レザークラフト製作過程と解説】で紹介してマス^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【レーシングポニーの作り方(オリジナルVer.)】関連エントリー

【レザー小銭入れ-01】:ガンジー
【レザー・ロングウォレット-01】:オクトパス
【レザー・ロングウォレット-02】:オカン
【レザー・札入れウォレット-01】:カモメ
【レザー・札入れウォレット-02】:生命誕生
【レザー・携帯電話ケース-01】:ヤイ刃
【レザー・バッグ-01】:コンビニ
【レザー・ガムケース-01】:ベロちゃん-01
【レザー・ペンホルダー-01】:ペンホルダー
【レザー・ヌメ革ベルト-01】:ガン黒-01
【レザー・ライターケース-01】
【レザー・イヤホンケース-01】
【レザー・バッグサポーター-01】:取って君
【レザー:指サック-01】
【レザー・ベルトストラップ-01】
【レザー・ペンポッドカバー-01】
【レザー・ジーンズポケット-01】岡山県児島産ジーンズ
【レザー・小銭入れ-02】:ぷっくりアサリちゃん
【ウォレットロープ-01】財布のデザインとコーディネイト♪
【ウォレットロープ-02】2色のイタリアンレザー&真鍮金具でキメました♪
【レザー・トートバッグ-01】ポイントは太糸のホワイト・ステッチ♪
【メディカル・Dxカードケース】カードや健康手帳などをまとめて管理&収納♪
【レザー・カードケース-01】マチ厚で50枚たっぷり収納♪
【アイヌ文様風】:レザーベルト『ふくろう君』