『レザー(革)』の【なめし方】や【銀面加工】の種類と特徴・見分け方を解説

レザー(革)の【なめし加工の種類】、【銀面加工の種類】の特徴とメンテ法

【革のなめし】の種類と特徴【皮から革へ】

レザー(革)の【なめし加工の種類】、【銀面加工の種類】の特徴とメンテ法

 

★画像をクリックすると詳細ページが開きます♪

【革をなめす。。。】の意味とはなにか。

『天然植物の渋』や『化学薬品クロム』を使用するレザー(革)のなめし方法など、

 

さまざまな【なめし工程】と『各なめし工程』で製作された【レザーの特徴】を紹介していきます。

 

レザークラフターであれば知っていなければ
ならないお話です。

 

【革の銀面の種類】と特徴・メンテナンス法

【革の銀面の種類】と特徴・メンテナンス法の詳細

 

★画像をクリックすると詳細ページが開きます♪

一口にレザーといっても『革の表面』となる【銀面の仕上がりの種類』によって、実に様々な表情をかもしだし経年変化の具合も変化してきます。

 

ここでは、『ヌメ革』,『オイルドレザー』『ブライドルレザー』,『エナメル』など、【レザー(革)の銀面の種類】によっての特徴・メンテナンス法の詳細を紹介します。

 

このレザーの特徴をチェックすることで、あなたが必要としているレザーを見つけることができます。

 

『スエード』,『ヌバック』,『バックスキン』,『ベロア』の違いと 特徴・メンテナンス法

『スエード』,『ヌバック』,『バックスキン』,『ベロア』の違いと特徴・メンテナンス法

 

★画像をクリックすると詳細ページが開きます♪

『スエード』,『ヌバック』,『バックスキン』,『ベロア』の違いと特徴。。「ヌバック」と「バックスキン」の違いをあなたは見分けられますか?

 

この辺の【起毛素材】の定義って、意外とゴチャゴチャに覚えている方も多いと思いますので、ドントがキッチリと定義してみたいと思います。

 

各起毛レザーの特徴の詳細はモチロン、『名前の由来』などに関しても堀さげてみました^^♪

 

 

 

『レザー(革)』の【なめし方】や【銀面加工】の種類と特徴・見分け方を解説エントリー一覧

レザー(革)の『なめし』方法の種類
【皮】と【革】は定義として明確な違いがあります。【皮】は何の加工もしていない「原皮状態」のことを指していて、このままの状態では皮は腐ってしまいます。この皮の変質や腐敗を防ぎ長く皮を使っていくために、「植物成分」や「化学薬品」などを使った専用の「なめし剤」を使用して、革の主成分となる蛋白質に化学反応をうながし、革の防腐処理を施します。この「皮に防腐処理を施す作業」のことを【皮をなめす】といいます。この【なめし作業】を終えると【皮】から【革】へと生まれ変わって、私たちが普段から身近に接している革(レ...
革・レザーの【銀面の種類と特徴・加工法】の詳細
レザー(革)の【銀面の種類】は、たくさんの加工法があり、その銀面加工の種類により様々な特徴があります。また、銀面の種類によって、適切な革のお手入れ・メンテナンス方法は、微妙に変わっていきます。ここでは、●ヌメ革●エナメル革(パテントレザー)●オイルドレザー●ガラス張り革●ブライドル・レザー●型押し革●揉み革●ボーデッドレザー●シュリンクレザー ・・・に関する、【レザーの銀面加工の特徴】を紹介していきます♪
『スエード』,『ヌバック』,『バックスキン』,『ベロア』の違いと特徴、見分ける方法
『スエード』,『ヌバック』,『バックスキン』,『ベロア』の違って、あなたはご存知ですか?ちょっと革に詳しい方でも、【革の表面が起毛している】…くらいの印象で、意外と、これらの革の定義がゴッチャになっている方も多いんじゃないかと思います。ここでは、そんな『スエード』,『ヌバック』,『バックスキン』,『ベロア』の特徴や、見分け方、判定法など、これらのレザーの定義を紹介いていきたいと思います。