レザークラフト用の【改造工具・オリジナル工具】など。。

【ヤスリ掛け】を電動ドリルで簡単にやってみよう♪

【レザークラフト工具】は、最低限これだけ揃えてますよね?

 

 

--------------------------------------------------------------

 

 

 

【ヤスリ掛け】を電動ドリルで簡単にやってみよう♪

 

ヤスリ掛けって、意外に面倒くさい作業の一つで、
なんとか時間短縮できないかなぁ〜と考えたのち、

 

電動ドリルに合うサイズの「木の棒」を使用して、
オリジナルの「ヤスリ掛け棒」のアタッチメントを作成してみました。

 

結構、ラクぅ〜に「ヤスリ掛け作業」ができるのでお薦めですよ^^♪

 

動画でご覧くださいませ♪

 

【コバ磨き】を電動ドリルで簡単にやってみよう♪

【コバ磨き】を電動ドリルで簡単にやってみよう♪

 

コバ磨きって、意外に面倒くさい作業の一つで、
なんとか時間短縮できないかなぁ〜と考えたのち、

 

電動ドリルに合うサイズの「木の棒」を使用して、
オリジナルの「コバ磨き棒」アタッチメントを作成してみました。

 

動画で削っているのは、「100円ショップで購入した木」ですが、
ホームセンターで売っている綺麗な円錐状の木の方が、

 

お値段は30円ほど高いですが、
断然、材質も良く、早くキレイに削れますのでお薦めです♪

 

結構、ラクぅ〜に「コバ磨き作業」ができるのでお薦めですよ^^♪
動画でご覧くださいませ♪

 

【オリジナル・ヒシ目打ち棒】で静かに穴開け♪

【オリジナル・ヒシ目打ち棒】で静かに穴開け♪

 

革にヒシ目を打つときって、音が響くのでケッコウ気を使ったりしませんか?

 

ドントの場合もマンション住まいな身分のため、
ヒシ目打ちの際にでてしまう音にはヒヤヒヤしながら、
慎重に木槌を打ち付けてます^^;

 

そんな時、「自分の体重を使ってヒシ目穴を開ける」アタッチメントを
木で製作した作成してみたところ、なかなか良い感じで使えたので紹介します。

 

【45度カット板】で簡単に45度の角度に革をカット♪

【45度カット板】で簡単に45度の角度に革をカット♪

 

レザーでボックスを製作する際は、レザーの切り口を45度にカットして
お互いのコバ面を張り合わせて縫っていきます。

 

この時に「カッター」や「革包丁」一本で、
レザーの断面を45度にカットできる神業の持ち主は別として、

 

ドントのような凡人レザークラフターは、
レザーの断面を簡単に45度にカットできる便利な道具を使います^^♪

 

レザーを45度カットする道具1

 

道具といっても、特別手の込んだものではなく、
45度にカットした木の板をレザーに挟んで、

 

45度カットのガイドラインにするというシンプルなものです。

 

ドントは東急ハンズで木の小口を45度に加工してもらった
表札くらいある大きさの一枚板を2枚つかって、

 

ネジで固定するような細工を使用しています。

 

もっと簡単に作ろうと思えば、小さめの四角柱や三角柱などの積み木が
100円ショップで売っているので、

 

それらを上手く組み立てたら、良い感じの道具が作れると思います。

 

 

●実際の動画で使い方の参考にしてくださいませ。

 

 

 

レザーレースを自分でカットして作る道具を考え中。。

レザーレースを使ったレザーアイテムを最近、製作する機会が多いです。

 

いつも、なんの疑いも無くレザーレースをレザーショップで購入していますが、
家にストックしている(アマッテイル?)一枚革で、

 

好きなとき、好きなように自分でレザーレースを作れたら便利だよなぁ〜。。

 

・・・と思いはじめています^^;

 

 

ヌメ革などのシッカリしたレザーなら革包丁でカットで出来ますが、
クロム革などの柔らかいレザーは、長くカットすればするほど

 

だんだんと切り口のヨレが気になっててきて、
あまり納得のいくレザーレースの仕上がりになりません。。

 

インターネットでレザーレースを上手く自分でカットする便利な道具を調べてみた所、
3000円〜10000円くらいの価格で販売されていることがわかりました。

 

レザーレースを自分でカットして製作している動画がありましたので、
ドントと同じようなことを考えていた方はどうぞ参考にしてください。

 

 

 

●レースメーカー

 

 

レースのカットできる巾は2mm〜5.5mmまで対応しているようです。

1.2mm厚以上のヌメ革(シッカリした風合い)であれば、多少の不均一さは出るようですが、クルクル円を描きながら短時間でレースがカット出来るようです。
価格が安く、シンプルな構造だから、上手くレースをカットするのには多少テクニックが必要かもしれませんね。

 

 

 

 

●ストランダー、オーストラリアン・ストランダー

 

 

レザーレースのカットできる巾は2mm〜13mmまで対応しているようです。『レースメーカー』と違って直線的にレザーをカットしてレースを作っていきます。

直線的なので仕上がるレースは短めになりますが、曲がりグセの無い真っ直ぐなレースが出来上がります。
切れ味は良いようですが、やはり多少の慣れが必要のようです。

 

 

 

 

●ストラップ・カッター

 

 

レザーレースのカットできる巾は5mm〜100mmと幅広く対応しているようです。

『レースメーカー』と違って直線的にレザーをカットしてレースを作っていきます。
直線的なので仕上がるレースは短めになりますが、曲がりグセの無い真っ直ぐなレースが出来上がります。
やはり、ヌメ革などシッカリした革がカットしやすいようです。

 

 

 

 

●マルチ・レースカッター

 

[レザーマニア]マルチレースカッター(スペーサー2種/替刃5枚付き) レザーレースのカットできる巾は3mm〜76mmと幅広く対応しているようです。

『レースメーカー』と違って直線的にレザーをカットして、あっという間に17本のレースをカットして作ります。
直線的なので仕上がるレースは短めになりますが、曲がりグセの無い真っ直ぐなレースが出来上がります。
やはり、ヌメ革などシッカリした革がカットしやすいようです。

--------------------------------------------------------------

 

 

【レザークラフト工具】は、最低限これだけ揃えてますよね?