【靴のかかと修理】を自分でやる方法A<動画あり>

【靴のかかと修理】を自分でやる方法A<動画あり>ワークブーツ編

【靴のかかと修理】を自分でやってみた。。PART-A

【靴のかかと修理】を自分でやる方法A<動画あり>

 

 

前回に紹介した『【靴のかかと修理】を自分でやる方法パート@』に続き、
今回も『【靴のかかと修理】を自分でやる方法パートA』を紹介していきマス♪

 

 

 

 

【靴のかかと修理】を自分でやる方法A<動画>

カーブ・ヒール(ファッション&ワークブーツ系)【054】

 

 

ちなみに、今回の【靴のかかと修理】動画で使用した『くつ底補修材』も、
【サンスター・くつ底補修材セット】になります。

 

今回で2回目となりますが、
熱を加えるまで固まらない素材なので、

 

乾燥の時間を気にせず、余裕を持って、
かかとの形を整形しやすい補修材だと思いました。

 

そして、よくある『ツンと来る臭い』も無いので、部屋の中で修理しても
家族や周囲の人の迷惑にならない点も気に入っています。

 

 

くつ底補修に必要な道具が一式に揃った『セット販売』は初心者に嬉しいデス♪
また、『補修材(チューブ)』一本からのバラ売りもされていますので、

 

2回目からの購入でも、お得に買いたす事が出来て便利だと思います。

 

 

 

★今回、使用した『かかと修理グッズ』はコチラ★

●くつ底補修材セット一式
●補修材・バラ売り

●『ラナパー』送料無料!!

革しっとり&超撥水!!

 

 

【ビジネスシューズのかかと修理】との違いは明確でした、、。

前回に引き続き、『かかと修理』動画の第二弾っ!!・・となります。

 

 

ただ、前回と少し違っている部分は、

 

かかと補修をする「かかと」の形状デザインが弧を描いたような
【カーブヒール】になっているワークブーツの「かかと」を修理している点です。

 

 

 

 

●カーブヒールの特徴とは。。
ブーツ かかと修理 

 

 

前回は、【ブロックヒール】というビジネスシューズ・女性靴などで、
もっともスタンダードな「かかと」の形状の靴を題材にして修理しましたが、

 

今回の【カーブヒール】は補修材の「盛り方」や「整え方」が
ちょっとだけ難しいかもしれません。

 

まぁ、実際に1〜2回カーブヒールの「かかと修理」をやってみれば、
すっかり慣れてしまうと思うので、まずは経験してみましょう。。という感じです^^v

 

 

 

ちなみに、これが【かかと修理】をおこなう前の状態です。

 

 

●『かかと修理』のビフォアー画像
ブーツ かかと修理 

 

 

 

およそ、一年前にソール交換をしてもらっていましたので、
そんなに目立ったヒールの減り方ではないかもしれませんが、

 

この程度の「かかと」の減り具合でも、意外や意外、
2〜3回に分けて補修材を盛り込むようにしなければ、

 

 

厚塗りになり過ぎて、上手く修理することが出来なかったりします。

 

 

 

 

ちなみに今回、使用する「補修材」も前回に引き続きまして、

サンスターの【くつ底補修材セット】になります。

 

 

 

●『かかと修理』のキット内容

ブーツ かかと修理 セット 

実際に【かかと修理】を経験して気付いた『コツ』や『注意ポイント』は、、。

【ブロックヒール】の「かかと修理」は前回に経験しましたが、
【カーブヒール】は初チャレンジとなります。

 

 

かかと修理をやりながら感じたことは、
【ブロックヒール】の「かかと修理」から始めて良かった〜と思うほど、

 

【カーブヒール】ならではと言える「面倒臭い部分(笑)」がありました。

 

 

 

 

たとえば・・・

 

 

●ヒールに補修材を充填する盛り方とか。。(ちょい緊張!!)

 

ブーツ かかと修理 

 

 

 

●補修材を充填した後の『カーブヒール』の整え方とか。。

 

ブーツ かかと修理

 

 

 

・・・などなど、、デス^^;

 

 

 

 

それにしても相変わらず、初体験を動画に撮るってどうなのよ?!って感じですが、
あえて初心者が修理している動画を撮影することで、

 

この動画をキッカケに、初めて「かかと修理」にチャレンジする方が、
同じ感覚で作業工程をクリアできるんじゃないかなぁ〜という風に思っています。

 

 

 

逆に、あまり手際が良すぎると、

 

「この人だから出来るだけであって、私には無理、、」

 

 

・・・と、早々に自信喪失になってしまって、
最初からチャレンジすることを諦めてしまう事もありますからね(笑)

 

 

あと、初体験の動画撮影って、初体験だから気付く『疑問』や『注意ポイント』、
また、スムーズに進行させる『コツ』なんかも同時にピックアップできるので、

 

動画制作に反映しやすいんですよね^^♪

【靴のかかと修理】を自分でやってみた感想として。。

今回も、実際に自分で【靴のかかとの削れた部分の修理・補修】に
チャレンジしてみて感じた事は、

 

もちろん、プロがおこなうヒール補修の
クオリティー・レベルとは明確な差があるにせよ、

 

 

 

『今まで自分が思ってたよりも、靴底の補修作業って

 

とても簡単に出来るもんなんだなぁー。。』

 

 

 

 

・・っという事でした。

 

 

 

 

●『カーブヒール』の「かかと修理」完成っ♪

 

靴 かかと修理

 

 

 

 

それと同時に、『自分の都合の良い時』に、『安いコスト』で、
『簡単』に「かかと」の修理が出来るんだという事もわかりました!

 

 

こういう情報って、外回りが多いサラリーマンの方はモチロン、
靴好きの方々には、なかなか有意義な情報になるんじゃないかなー。。

 

 

・・・って思ったんですよね。

 

 

 

正直いうと、最初、自分で「かかと修理」にチャレンジする前は、
【靴を購入したブランド】か【有名リペアショップ】で修理してもらわなければ、

 

『なんか気持ち悪い』、、『ビンボー臭い』、、『ブランドをけがしてしまうカモ』、、など
マイナス面にむかう「偏見」や「コダワリ」みたいなものがあったのも事実。。

 

 

しかし、実際に「かかと修理」にチャレンジしてみて、自分が思っていたよりも
簡単にソコソコ上手く仕上げられて、大事に靴を履けるんだ・・と解った今は、

 

 

上記にも書いた『自分の都合の良い時に修理可能』、『安いコスト』、『簡単』という
プラス面のメリットの方が大きく感じて、マイナスな「偏見」は全て消滅しましたね。

 

 

 

 

 

 

今回の、【靴のかかと修理(カーブヒールVer.)】仕上がり具合の

「ビフォアー&アフター」は、こんな感じになりました。

 

 

 

●『かかと修理』のビフォアー・アフター画像
ブーツ かかと修理 

※画像をクリックすると画像が大きくなります。

 

 

 

やはり、靴底すべてを張り替えて交換していく『オールソール』などの
靴底修理の場合は、信頼しているリペアショップに頼んだ方が良いですが、

 

 

今回紹介するような【ヒール部分の補修】だけの場合でしたら、

 

 

 

リペアショップへ、『靴を持ち込む手間・ヒマ』や、

 

『出来上がりの待ち時間(日数)』、『修理料金』、etc、、。

 

 

 

・・・などなど色々と考えてみると、

 

 

 

 

今回のように、自分でチョチョッとヒール部分を修理した方が、

 

まさに、【早い・安い・簡単】で良かったなと実感しましたよ^^v

 

 

 

いま、【靴底ヒールの修理・補修】に興味が出てきたアナタは、
ぜひとも動画を参考にしてチャレンジしてみてください。

 

 

 

★今回、使用した『かかと修理グッズ』はコチラ★

●くつ底補修材セット一式
●補修材・バラ売り

●『ラナパー』送料無料!!

革しっとり&超撥水!!

 

【靴・ブーツのお手入れ&メンテナンス方法】に関連するサイトを立ち上げ!

今回は、当サイトで、【靴のかかと修理】の作業工程ごと
『写真』と『詳細説明』付きで紹介していこうと思ったのですが、

 

 

そこまでやっちゃうと、当レザークラフト・サイトの趣旨とズレてきてしまい、
サイトへ訪問された方が見づらくなってしまっては困るかと思いましたので、

 

 

【靴・ブーツのお手入れ&メンテナンス方法】に関連するウェブサイトを
新たに立ち上げましたので、こちらで詳細な解説を入れていこうと思います。

 

ご興味のある方は、お付き合いの方をどうぞ宜しくお願いいたします^^♪

 

 

 

その名も、【靴・ブーツお手入れ&メンテナンス大全】です♪

 

 

 

 

今後、『靴・ブーツ』のお手入れ方法に関わる濃ゆめの情報は、
こちらのサイトで紹介していきたいと思いますので、宜しくお願いしマス^^♪

 

【靴のかかと修理】を自分でやる方法A<動画あり>関連エントリー