【革包丁の研ぎ方C】革包丁のサビ落とし方法と簡単メンテナンス法

【革包丁の研ぎ方C】革包丁のサビ落とし方法と簡単メンテナンス法

第44回のレザークラフト動画は、【包丁に浮いてきたサビの落とし方】と
【簡単な日常の包丁メンテナンス法】に関する動画を紹介します^^♪

 

 

【革包丁の研ぎ方C】革包丁のサビ落とし方法と簡単メンテナンス法

 

 

革包丁をある程度の期間使っていると、
刃表・刃裏、共にサビが浮いて出ててくる事がありますよね。

 

 

この包丁に浮いてきたサビを放っておくと、包丁の金属部分の奥深くまで、
ドンドンとサビが侵食していき、刃物の寿命を縮めてしまいます。

 

 

 

また、日常、私たちの口に入るような食材を切る料理包丁の場合は、
とくに注意が必要で、

 

もし、サビている包丁を使用してしまうと、どうしても荒い切り口となり、
食材の切断面がボソボソになることで食材の寿命を縮め、

 

鉄クサイ匂いが料理に移り、食材の鮮度や風味を著しく落としてしまう。。

 

 

 

・・・などと、よく言われていることですが、
革包丁にも同じ事がいえるのかもしれません。

 

 

 

ちなみに、プロの革職人レベルでは朝昼晩と一日3回も革包丁を砥いで、
革包丁の切れ具合、錆び取りはモチロン、

 

革包丁の研ぎ角度などのコンディションにも
常に敏感に察知しながらメンテナンスしているそうです。

 

 

 

ドントのような趣味で楽しむレザークラフトであれば、
1ヶ月に数回程度の包丁メンテナンスで十分に快適ですが、

 

プロの世界はスゴイですねぇ〜〜。。

 

 

 

まぁ、そこまでのメンテナンス・レベルを必要としないまでも、
やはり、革包丁を常に快適に切れる状態にしていく事が、

 

安全に楽しくレザークラフトが出来ますし、
その快適さが、完成したレザー作品にも反映されるような気がします^^♪

 

 

 

それでは、さっそく【革包丁の錆び落とし(簡単バージョン)】
【簡単メンテナンス方法】のノウハウ動画をチェックして、

 

アナタの革包丁のメンテナンスにお役立てください♪

 

 

 

【革包丁の研ぎ方C】
革包丁のサビ落とし方法と簡単お手入れ方法♪

 

 

 


★動画内で紹介している【シャプトン砥石】です。

<送料を入れても通常店舗と比べて、カナリ安いですよ〜^^♪>




●資金的に余裕があって、本格的に包丁研ぎにチャレンジしたい方は、
【オレンジ】⇒【グリーン】⇒【エンジ】⇒【メロン】の流れが最適。

●ドントの場合は、少し負荷がかかるのを承知で、
【オレンジ】⇒【エンジ】の標準コースで行っています。

●とりあえず、包丁研ぎにチャレンジしてみたい♪という方であれば、
【オレンジ】を使いこなすところから始めてみましょう^^♪


※もし、『包丁の刃が欠けている、ガタガタ。。』、『砥ぎ角度を改めて調整したい。』…という場合であれば、
【モス #220】⇒【オレンジ】⇒【エンジ】と、砥ぎ工程を始めた方が通常よりも楽に砥ぎ上がると思います♪



★その他、動画内で紹介しているオススメグッズ♪


【革包丁の研ぎ方C】革包丁のサビ落とし方法と簡単メンテナンス法
(レザークラフト動画の書き起こしテキスト)

【革包丁の研ぎ方C】革包丁のサビ落とし方法と簡単メンテナンス法関連エントリー