革パーツ(部位)の名称&パーツ別【革質の特徴】

革パーツ(部位)の名称&パーツ別【革質の特徴】

革の各パーツ部位の名称&革質の特徴&伸びる方向について
画像を使いながら説明していきたいと思います。

 

同じ一枚革の中でも肩・背中・腹・脚など各部位によって、
それぞれ皮下組織の繊維質層(コラーゲン)の密度が違います。

 

この皮下組織内の繊維層の密度によって、
レザーの強度や耐久性など特徴に差が出てきます。

 

 

そして、動物の種類、育った環境、年齢、オスかメスか。。

 

また、皮から革にする際の「工場の機械の精度」や
「なめし製法」などの外的条件によっても、

 

革の『耐久性』や『固さ』や、
『柔軟性』など革質の特徴が異なってきます。

 

 

革パーツ(部位)の名称&パーツ別【革質の特徴】:画像1

 

【ベンズ(Bend):背中〜お尻】
 革の中で一番繊維の密度が高く、よく繊維が締まっているため、
 革質も良く、強度や耐久性もとても高い部位です。

 

 また、歪み・伸びなどにも強い部分なので、負荷が掛かる部分、
 大きな面積を使うパーツにはベンズを使用するのが理想です。

 

 

【ショルダー(Shoulder):肩】
 ショルダーは、頻繁に動かしている部位であったため柔軟性がある革です。
 ベンズと比べると繊維が太く密度が粗め、革の厚みは薄めで傷も多い。

 

 また、トラといわれる首周辺のシワが特徴的な部位です。

 

 

【ベリー(Belly):お腹】
 ベリーは、繊維密度は極めて細く緩い。
 また柔らかく伸びやすい特徴があります。

 

 耐久性に乏しく、破れ・裂け・歪み・変形などの原因になりやすいので、
 ベリー革を負荷が掛かるデザインへの使用は避けたほうが良いです。

 

 また、シワや傷が多い部位ですが、軽くて柔らかいという特徴があるため、
 デザインによっては、あえて柔らかく馴染みやすい
 ベリー部分を使うこともあります。

 

 通常は、バッグの内張りや靴のインソールなど引っ張りの負荷が
 掛からない箇所に使用されます。

 

 こだわりのレザーブランドなどは、
 【質の良い革を出来るだけコストをかけずに提供する】という理由で、

 

 ベリー部分をあえてカットした『クロップ』というサイズで
 販売されているようです。

 

 

【ヘッド(Head):頭】
【ネック(Neck):首】
【レッグ(Legs):脚】
 この部分の革の繊維密度や強度は弱く、
 通常はあまり製品化されていない部位で、

 

 この辺りのレザーは、
 ハギレ革として出回ることも多いようです。

 

 

【サイド(Side)】
牛などの大きな動物は、【バット(Butt):背中部分】を中心に
左右でカットされた『半裁をサイド(Side)』と呼ばれています。

 

 

【クロップ(Crop)】
 『サイド(半裁)』から『ベリー(お腹部分)』をカットした
 部位構成の呼び名です。

 

 

【ダブルベンツ(W-Bend)】
 文字通り、左右両面のベンツ部分で構成されているレザーの呼び名です。

 

【ダブルショルダー(W-Shoulder)】
 文字通り、左右両面のショルダー部分で構成されている
 レザーの呼び名です。

 

 

 

●革のサイズ単位について

 

 また、牛などの大きな動物と違い、豚、羊、山羊など小さめの革は、
 両面一枚革の状態で売られていることが多いです。

 

 革はDS(デシ)という単位を使った面積で取引されています。

 

 ちなみに1DS(イチデシ)は【Square Decimeter】という意味で、
 『10cm×10cm』の単位となります。

 

 

 

・・・という訳で、

 

革の部位に関する詳細をザッと紹介しましたが、
革の部位のこと、だいぶ理解が深まりましたでしょうか。。

 

 

上記に書いた部位の詳細を『知識の一つ』として頭に入れておけば、
なにかと革の判断基準のレベルが上がり今後のレザークラフトに役立つと思います。

 

 

 

革,部位,レザークラフト,初心者,簡単,動画,趣味,激安レザー,型紙,縫い方,編み方,4つ編み,画像,革サイフ,ベルト,コインケース,アイフォンケース,アイポッドケース

 

ちょっと小休憩ぃ〜♪

 

 

 

さてさて、このように上で立派なウンチクを書いてきたドントですが、
普段のレザークラフトで、ベンズばっかり使っているのかっていうと、

 

実際に使っているレザーに関しては割と無頓着。。

 

 

 

本音と建前。。

 

・・・じゃないですけど、上記に書いた知識や、
次のページで紹介する【革の繊維の流れる方向】の見方なんかの

 

知識や考え方が身についてくると、逆にどんなレザーを使っても、
その革の持つポテンシャルを引き出して

 

良いもの作りたいなぁ〜という発想の方へ考えがいってしまうってのが
本音のドントです。

 

 

毎度まいど、趣味のレザークラフトに
良ぃ〜革つかってらんないっすよね(^^;笑)

 

そんな事より、なるべくお金が掛けずに作りたいと思ったものを
思う存分作りまくって楽しみたいほうが先なんですから(笑)

 

 

 

たとえば、キーホルダー・小銭入れ、カード入れなどの
いわゆるレザー小物といわれるくらいの面積であれば、

 

 

「革のドコドコの部位を使用する」

 

・・・と気にするより、キレイさ・厚みなど「見ため」的にOKなら、
あまり拘りなく、どの部分の革でも気にせず使用しちゃいます。
(本気用・売り物用とするならベンズを使用しますが^^;)

 

 

ちなみに、よく「激安ハギレ革」として販売されている革は、
カバン屋さんや靴屋さんなど大元のショップで、

 

『ベンズ』『ショルダー』など上質なレザー部位が使用されつくしたのち、
最後に「残り物」として市場に出ているモノが多いようですね。

 

 

ドントは、『残り物には福がある』。。という事で、
好んでハギレ革を使用していますよ^^♪

 

 

 

まぁ、さすがに『レザーバッグ』などの大型作品を製作する際は、
デザインのメインとなる目立つパーツ部分や、

 

面積の大きな部分、実用的に負担の掛かる部分などには、
永く使いながら、いつもそばにおいて経年変化を楽しみたいので、

 

繊維密度が細かく締まっていて、伸びづらく歪みも少ない
【ベンズ(背中〜お尻にかけての部分)】から、

 

【ショルダー(肩部分)】のレザーを使用するようにしています。

 

 

 

逆に【ベリー(お腹部分)】のレザーは、
ベンズやショルダーに比べて繊維密度が緩く強度が低め。

 

革の耐久性に乏しく、レザーの変形、歪みが早くでてきやすいため、
ベルトやバッグのメイン面などの負荷が強く掛かる部分に使用するというよりは、

 

バッグの内張りや靴の中敷など目立たない部分に使用されることが多いです。

 

 

ただし、【ベリー(お腹の革)】は軽くて柔らかく、
しなやかで加工しやすい。

 

また、ほかの部位には無い、
独特なシボ模様が特徴的なレザー部位のため、

 

レザー小物などの細かいレザーパーツの製作や、
ウォレットやバッグなどのワンポイント・デザインとなる部分などに

 

あえてベリーレザーが選ばれることも多いですね。

 

 

・・・という感じで、良い革を使わなければいけない・・じゃなくて、
ハギレ革を使っていようが【革の特性・特徴】を知っておくだけでも、

 

作りだす作品に差がでてきますよ〜ってお話でした。

 

 

もし、これから、一枚革を購入して
色々とレザーアイテムを作る予定のアナタは

 

これらのパーツ別に革の特性を知っておくと、かなり便利ですよ♪

 

 

【革(レザー)の繊維方向の特徴と説明】のページ