レザークラフト参考書の【オススメ・ランキング集】

『手縫いとかがり』 【オススメ濃度:★★★★★】

『手縫いとかがり』 【オススメ濃度:★★★★★】

 

 

●『楽天ブック』で「手縫いとかがり」を検索。
●『ヤフーショッピング』で「手縫いとかがり」を検索。
●『アマゾン』で「手縫いとかがり」を検索。

 

 

 

およそ1984年発行(30年程前)されたレザークラフトの教則本です。

 

本の構成やサンプル写真に若干、昭和の匂いを感じますが、
最近のレザークラフト本では省かれて解説されないような

 

理論やテクニックなど「手縫い」、「かがり」に重点を置いて解りやすく、
技法と道具の使い方、アイテムの製作過程を

 

全104ページにわたって紹介されている『彦坂和子』さんの良書です。

 

 

ただ、このように思えるのは、今どきな教則本でレザークラフトの基礎技術や
道具の使い方などを学んだから、逆に新鮮味を感じるのかもしれません。

 

 

もし、本当にレザークラフト初心者の方であれば、
今どきな教則本の方が写真や説明が解り易いのかもしれませんが、

 

個人的に、この『手縫いとかがり』で、一番ためになった部分は、
『ボックス縫い』と『数パターンのカガリ縫い』の手法です。

 

 

最初に他の本を読みながらチャレンジしても、
自分がやりたいような後始末を上手くできずにいたのですが、

 

この本はとても解り易く解説されていたので読みながら、
チャレンジしていき、ようやく自分が理想としていた「かがりの方法」で
上手く作品を作ることができました。

 

15点の「実物大型紙・図案」という名の型紙パターンが付いてきているのも
今後、レザークラフトを楽しむ上でサイズ感の参考になってよいと思います。

 

 

 

 

『手縫いとかがり』 【オススメ濃度:★★★★★】

 

 

●『楽天ブック』で「手縫いとかがり」を検索。
●『ヤフーショッピング』で「手縫いとかがり」を検索。
●『アマゾン』で「手縫いとかがり」を検索。

 

『手縫いとかがり』 【オススメ濃度:★★★★★】関連エントリー